Contents

カルマー飛散比較試験

刈払機アタッチメント「スーパーカルマーPRO」

国立研究開発法人が

     飛散比較試験を実施

 

 草刈り中の「飛び石」は自動車のフロントガラスや、施設の窓ガラス破損などの原因となります。
特に公共工事などの現場では「飛び石」による「賠償保険事故」でトラブルになる事例もあります。
対策品として「スーパーカルマーPRO」の導入が進む中、実際の飛散低減効果を実証すべく、
「国立研究開発法人 農研機構」が従来の金属刃と「スーパーカルマーPRO」の飛散比較試験を実施
しました。 その試験成績書では

 

「従来の金属刃と比較して、飛散物の個数を80%~90%低減させ、
飛散物の速度を1/3に低下させる効果を有する。以上から刈取作業中に
生じる飛散物による周囲の人や車両への被害の軽減が期待できる」

 

と農研機構は結論付けています。

【試験成績書とスーパーカルマーPRO】

 

 


従来の金属刃による飛散小石 時速130キロ!

 

消費者庁によると、金属刃による飛散テストを実施した結果、最大時速130キロで50m以上先まで
飛散したと発表しました(2017年報道発表)
金属刃は「飛散」だけでなく「キックバック」の危険性も課題となっており、賠償事故にとどまらず、
人身事故につながる恐れのある刈刃として注意が必要です。

【飛び石による物損事故】

【キックバックによる人身事故】

農研機構の試験成績書をご希望の方は下記お問い合わせバナーから「会社名・お名前」「ご使用用途」をご明記の上、ご請求ください。

  • 林業・木材製造行労働災害防止協会
  • 日本造園組合連合会
  • 日本造園建設業協会
  • YOUTUBE
  • facebook
  • 林業・木材製造行労働災害防止協会
  • 日本造園組合連合会
  • 日本造園建設業協会
  • YOUTUBE
  • facebook