Contents

ロータリーウィーダーelex 製品情報

ロータリーウィーダーとバッテリー刈払機のコンビネーションマシン。800Wモータ&58Vリチウムイオンバッテリーで、パワフルな作業を実現!バッテリー刈払機の「静音性」により、生活空間における草削りに最適なツールです。 

 

ロータリーウィーダー雑草を削って抑制!

製品カタログダウンロード

使用者レビューはコチラ(外部サイト「マイナビ農業」)


従来、草削りは鍬や鎌などの手工具を使っての作業が一般的でしたが、長時間腰をかがめての作業になる事も多く、身体への負担も多大です。また、草刈り刃では根元から削り取ることは難しく、刈っては生えるの繰り返しで、何度も作業しなくてはなりません。「ロータリーウィーダー」は「省力化」「作業時間短縮」「雑草抑制効果」の3大メリットでこのようなお悩みを解消します。


ロータリーウィーダーの製品特徴

1.強力縦回転カッター

スパイラル状に取り付けられたカッターが縦回転し、土にしっかり喰い込み雑草を根元から削り取ります。

強力縦回転カッター

強力縦回転カッター

2.高減速・高トルクギヤ

ロータリーウィーダーのギヤボックスはモータ回転数を減速させる仕組みです。低速回転で安全かつ力強く雑草を削り取ることができます。

高減速・高トルクギヤ

3.削り深さ調整機能

カッターは長さ調整が可能で、削り深さを調整できます。

削り深さ調整機能

4.車輪付きで取り回しやすい

フリーホイール(車輪)に重量を預けて作業するので、重量感が少なく取り回しやすい。

車輪付きで取り回しやすい

 

車輪付きで取り回しやすい

 

車輪付きで取り回しやすい

 

車輪を外せばキワまで削ることが可能!

5.ピンポイントな草削り

畑の畝間や株間など従来の機械が入らない狭い場所でもピンポイントな草削りが可能です。

 

6.ヘッド部はエンジン刈払機に取付可能

別売りのアダプタによりほとんどの刈払機に取付けが可能です。※一部特殊仕様の刈払機には取付けできません。

 

 

 

製品仕様

ロータリーウィーダーelex

型式

BBH800RWSL-201

(2.0Ahバッテリー付属)

BBH800RWSL-401

(4.0Ahバッテリー付属)

 寸法

全長×全幅×全高(mm)

1740×330×200
本体質量(kg) 5.9(2.0Ahバッテリー付) 6.6(4.0Ahバッテリー付)
削り幅(mm) 100mm
付属品 バッテリー・充電器・肩掛けバンド・飛散保護カバー・一般刈刃用ギヤケース・工具セット(プラグレンチ.トルクスレンチ.六角レンチ)

オプション 安全規格:電気用品安全法(PSE)認証

バッテリー 

型式

2.0Ahバッテリー 4.0Ahバッテリー
TPBT5620 TPBT5640
本体質量(kg) 1.0 1.7

充電時間

60分 120分
充電器

型式

TPCH5602
本体質量(kg) 0.8

 寸法

全長×全幅×全高(mm)

202×140×125

入力

AC100~240V

定格出力電圧・電流

DC58V 2A

その他アタッチメントシリーズ(別売)

先端部分を他のアタッチメントに付け替えることで、多用途なツールとして使用可能。
中央のパイプ部分が ワンタッチで脱着可能な設計になっているため、各種アタッチを購入する事で付け替えも簡単。 

品 名

(製品詳細は名称クリック)

スーパーカルマー

アタッチ

うね草取りまー

アタッチ

ポールチェンソー

アタッチ

刈払い

アタッチ

 型式

BBA-C23

BBA-UTW

BBA-PC

BBA-K 

用 途

飛散物を大幅抑制

草刈りの安全対策ツール

短い雑草を粉砕

畑の畝間や株間で活躍

支障枝をラクラク剪定

2700mmのロングリーチ

障害物や飛散物のない場所での草刈りに

画像        
使用画像
特徴

減速回転ハサミ式

モータ回転数を安全領域まで減速。減速機構と上下刃の回転ハサミ駆動により、低速回転でも効率よく草が刈れ、飛散物を抑制できます。

フリーハンマー方式
表面の雑草を高速回転で粉砕するので、除草後はキレイな仕上がり。集草の手間も必要ありません。

最大リーチ

2700mm
脚立不要で地上から枝の剪定が可能。果樹・街路樹・不要枝の処理に最適です。

キワ刈りしやすいナイロンコード

ナイロンコードは市販のチップソーなどの金属刃に付け替え可能。

 


ページ上部へ

  • 林業・木材製造行労働災害防止協会
  • YOUTUBE
  • facebook
  • 日本造園組合連合会
  • 日本造園建設業協会
  • YOUTUBE
  • facebook
  • 日本造園建設業協会