雑草対策における草削りの重要性


しつこい雑草には草削りアタッチメントが効果的!!


作物や植物、草花を育てている方にとって「雑草」は大きな害になりえます。現代では様々な除草方法がありますが、最適な除草を行うことで除草頻度を減らし、良い土壌作りが可能です。

雑草がもたらす悪影響

植木や草花などの植物や作物を栽培するにあたって、雑草による問題は常に密接に関わってきます。雑草をそのままにした場合、雑草が土の養分や水分を奪ったり、日当たりを悪くして植物の成長の妨げになったり、害虫が繁殖したり.,.と多くの悪影響があります。病原菌の温床になることもあり、できるだけ繁殖する前に除草する必要があります。邪魔な雑草を取り除くことで、庭木や草花の成長に必要な日光と栄養分がしっかりと行き届くようになるので定期的な除草は必須作業といえるでしょう。

畑では株間・畝間除草が欠かせません

雑草が伸びきっている畑

雑草問題の現実

特に春から秋口までにかけて雑草の生長は著しく、除草作業に多くの時間を費やすという現状があります。除草剤を使わずに家庭菜園や有機農業をしている農家などは毎週の頻度で草むしりをしている方も多く見受けられます。徹底した雑草管理を行うためには、雑草が生えていないか定期的な確認と早期の除草が必要であるので、下図のように畑の準備から収穫・出荷までに必要な時間のほとんどを草むしりに費やすというケースも少なくはありません。

作業時間割合(有機農家の一例)

除草剤などを使用しない有機農業の場合、とにかく「除草作業」に費やす時間がもっとも多くなります。

対策方法と問題点

草刈り、草抜き、除草剤、防草シート等々、雑草対策の方法は様々ですが、作物や植物にとって最適な土壌を作るためには雑草と上手く付き合っていかなければなりません。例えば、除草剤を用いると効率良く雑草を枯らすことができますが、土壌のpHが低下し酸性化が進行、微生物が死滅、土が硬くなるといった大きなデメリットがあります。農家の方にとって、できるだけ除草剤を用いたくないという方がほとんどではないでしょうか。基本的には機械や手作業で除草を行うわけですが、雑草の生える頻度を減らすためには根ごと引き抜くか生長点から削り取る必要があります。生長点が残っていると雑草がすぐに生長するため、頻繁な除草作業を強いられることになります。

現状、機械除草では根からの除草や畑の畝間・株間のような狭い場所の除草は難しく、手作業で行われる場合がほとんどです。草むしり頻度を減らすために根ごと除草した場合、草を抜くたびに土が締まって硬くなっていき、固い土でも繁殖できるような雑草、根の張りが強い雑草が生えてきやすくなります。つまり、根から抜くことを繰り返すことで、草取りがだんだん大変になるという悪循環に陥る危険性がでてきます。したがって、作物や植物にとって最適な畑づくりのためには雑草の生長点を削り、根を少し残しながら刈るという方法が最も良いといえます。生長点を削ることで枯れた植物の根は微生物によって分解され、土の栄養になり、根があった部分は空洞として残るので土が固くならず、作物にとって最適な土壌になるというメリットがうまれます。

例外もあり、ヨモギ・チガヤ・スギナなどの地下茎で増える植物は根を残しておくと地面の下で茎を伸ばして繁殖していくため、根ごと引き抜く必要があります。畑の雑草は基本的には根を残して刈り取ったほうが良いのですが、地下茎で増える雑草は地上に出ている部分を刈っただけでは枯れることはないので、根から除草しなければなりません。

まとめると、、、

・除草剤を使用すると、土壌のpHが低下し酸性に傾き微生物を死滅させてしまう

・草むしり頻度を減らすためには根からの除草か生長点を削るべき

・根ごと除草すると土が固くなり、根の張りが強い雑草が生えてくる

・作物に最適な土壌づくりのためには根を残して除草した方が良い

・地下茎の雑草は地面の下で繁殖するので根ごと除草しなければいけない

つまり、草むしり頻度としつこい雑草を減らすためには根ごと除草しなければならず、最適な土づくりのためには根を残さないといけないという大きな矛盾が生じてしまうのです。

問題解決のためには

短い雑草を対象とした草削り用途の刈払機アタッチメント「うね草取りまー」「ロータリーウィーダー」であれば上記のような雑草問題を解決可能!

うね草取りまーシングル:AUT-AJ08

・うね草取りまー

高速回転フリーハンマーにより雑草を細かく粉砕し、しつこい雑草を根ごと除草できます。粉砕した雑草は土に混ざり栄養になるので、根ごと抜いた際の「土が固くなる」といった問題点も解消されます。地下茎の雑草は根ごと粉砕できるので草むしり頻度も減らせるほか、根を残しながら刈るようなふかふかの土壌を維持することができます。

 

・ロータリーウィーダー

低回転&高トルクの強力縦回転カッターが土に食い込み、雑草の生長点を削るので雑草の発生抑制効果が抜群です。ローラー付きで楽に除草が行えるほか、サイズ調整もでき、花壇や畝間・株間などの狭い場所でも安全に作業が可能。

 

下記画像のようにナイロンカッターなどで除草すると根にダメージを与えられないため、すぐに雑草が生長します。対して、草削りアタッチメントは生長点を削ったり、根ごと除草することで、高い雑草発生抑制効果を発揮します。手作業で除草せざるを得なかった狭い場所でも使用できるため、時間短縮はもちろんのこと、草むしりの頻度を大幅に減らすことができるツールといえるでしょう。例えば、毎週1時間かかっていた除草作業が隔週除草になるだけでも数時間の差が生まれます。

 

作物や草花の株間・畝間除草や庭先の雑草は草削りアタッチメントで対策してみてはいかがでしょうか。

 

製品詳細はこちら

うね草取りまー

ロータリーウィーダー

 

 

ページ上部へ

  • 林業・木材製造行労働災害防止協会
  • YOUTUBE
  • facebook
  • 日本造園組合連合会
  • facebook